#152 Saya

年齢
20歳
サイズ
B86(E)-W59-H86
身長
156cm
出身地:
東京都
趣味:
散歩・旅行・買い物
特技:
笑顔・食べる事

可愛い女子大生のようであり、新人OLさんのようであり、花があるキュートなSayaちゃん。その正体はHな女神さまでした。彼女は自ら告白する通り、「ほかの人よりH」で間違いありませんでした。でも淫乱という言葉とは違うのです。底抜けに明るくHなのです。どれだけ溜まりきってしまった男の欲望であっても、彼女は嬉しく楽しそうに受け止めてくれることでしょう。ちなみに、撮影を全て終えて撤収する僕らに、まだちょっとイキ足りない(笑)と笑う彼女が印象的でした。

画像
インタビュー
趣味は?
「食べ歩きです」
旅行とか?
「うん」
最近、何を食べ歩いた?
「出店の食べ物を、食べ尽くしましたね(笑)」
お祭り?
「うん。偶然見かけて、嬉しくって、食べ過ぎちゃいました(笑)」
どれくらい食べたの?
「気づいたら、7千円くらい使ってました(笑)」
出店で7千円使うって、なかなか出来ないかも(笑)
男性のどういうところに、目がいきますか?
「首筋ですね。後ろから見た」
後ろからなんだ(笑)
「はい(笑)そして、そのまま背中からお尻まで、下がっていきたいですね(笑)」
それってどんな気持ちで見つめてるの?(笑)
「スケベな気持ち(笑)」
(笑)
「後姿のセクシーな人だと、いいなって思いますね」
そうなんだ。じゃあ、目の前にそういう後姿の男がいたら、どうやっていじりたい?
「背中を、いじりたいとかは、無いかな(笑)そういう人にいじらってもらいたいですね(笑)」
でも、いじられてる時って、好きな後姿見れないね。
「稀に、天井が鏡のラブホありません?」
稀にあるね(笑)
「そこで、正常位が最高なんですよ(笑)背中が映って見えますから」
なるほど(笑)
「でも、そういうホテルなかなか無いんですよね」
自分の部屋の天井に鏡つけたら?(笑)
「そうですね(笑)」
Hは好きですか?
「好きですね(笑)みんなより、好きかもしれない(笑)」
みんなって?(笑)
「友達とか」
どんな時に、そうだと思ったの?
「週にしちゃった回数の話をしてる時とか(笑)」
どうだったの?
「あれ?私だけ多い!ってびっくりしちゃったり(笑)」
(笑)
「あとは、みんなは、彼氏が超テンション上がってて、3回したとか言ってるんですけど、私たちは、私の方がテンション高くて3回したよなぁとか(笑)」
そうなんだ(笑)
「うん。しかも毎日3回くらい普通だよなぁ、とか思ってて」
凄いね(笑)
「でも、それはHを覚えた頃で、最近は少なくなりましたけどね」
へぇ、毎日はしなくなった?
「それはしてます(笑)回数が減っただけです(笑)」
マジですか(笑)
前の作品

#151 Kokomi

次の作品

#153 Mahiru