#275 Riona

年齢
19歳
サイズ
B85(C)-W60-H80
身長
155cm
血液型:
A型
出身地:
東京都
趣味:
ショッピング

ロリっぽさの漂う若さが眩しいRionaちゃん。色々聞いていると、奥手な女の子のようです。奥手とはいっても、話す表情は明るく人懐っこさがありました。風に揺れる黒髪が切なくもキュート。ピチピチした肌は水を弾きそうです。彼女と話していると、まだ大人の階段を登りはじめたばかり。そんな形容が相応しく感じました。

画像
萌えな黒髪ロング
黒髪が萌えですね~。
「昔から伸ばしてるんです。」
腰まで長さがあるもんね。
「1回だけ切ろうと思ったことあるんです。」
「好きな人がショートカットが好きっていう情報を掴んでしまって(笑)」
「切ろう!って思ったんですけど、その人に彼女ができちゃって・・・。」
髪は維持できたけど、告白できずに残念だったね。
「はい。でも、告白も出来てたかち想像すると、出来なかったんだと思うんですけどね(笑)。」
思いきって切ったのに、告白出来ないんじゃ、だめじゃん(笑)
「私、奥手すぎてだめなんですよ・・・。すぐネガティブに考えちゃうし。」
今まで告白したことは?
「ゼロです(笑)」
「断れたらって考えると、絶対に言えません。」
でも、明日にでもショートカットが好きな人に恋してしまうかもしれないよ?
「どうしよう~(笑)。ちょっと、私の代わりに告白してください(笑)」
(笑)
どれくらい奥手なの?
「ギュっとして欲しいって言えないです。」
「会った時に、本当はギュっとして欲しくて、
近寄るんですけどそこで停まっちゃうんです。」
言えないんだったら、もう行動でしてみるのは?
「そっちの方が難しいです(笑)」
「つい、暑いねみたいに、関係無いことを言ってしますんです。」
それ可愛いね(笑)
「そんなことないです。私は嫌なんですから(笑)」
「もう一歩が踏み出せないんです(笑)」
面と向かってるから出来ないんじゃ?無防備な背中なにくっついてみたりするとか。
「背中かぁ。背中だったらオデコをピタってくっつくるだけで精一杯だと思います...。」
それが精一杯か~(笑)でも、おれはいいと思う。そういう性格好きだよ。
「みんななんで、恥ずかしくないんだろ(笑)」
「心の声が伝わる機械あったらいいのに(笑)」
ギュっとして!って表示されるの?(笑)
「はい(笑)」
おしっこしたい!とかも表示されちゃう(笑)
「嫌です~(笑)。」
「やっぱり機械じゃなくて、頑張れるようになりたいな。」
前の作品

#274 Anri

次の作品

#276 Mau